Brewing Tonoとは

ビールの味の決め手といわれる、ホップ。
岩手県遠野市は半世紀にわたり日本随一のホップ生産地として、ビールの魂を担ってきました。
しかし近年は、高齢化と後継者不足により生産者が減少。
これからも継続的にホップを作り続けていくために、創造的な一手が期待されています。

遠野のホップを守るだけでなく、日本のビールを前進させていくために、
遠野は満を持してビールによるまちづくりに挑戦していきます。

Brewing Tonoは、遠野の人たちと雄大な自然、
そして遠野に訪れる人たちが、
一緒になって新しいビール文化を創りだしていくプロジェクトです。

手摘みをした採れたてホップの香りを愉しむ。
新鮮な食材でビールにピッタリなおつまみをつくる。
ホップ生産者や醸造家と遠野産ビールで乾杯する。
わたしたちは美味しい時間を思い描きながら、
ビールを体験する場をつくっていきます。

遠野でしか味わえない特別な瞬間に日本中、世界中から人々が集い、
ビールを通して交流が生まれ、思いも寄らないアイデアや、とんでもなく大きな夢があふれ出す。
そして、ホップやビールづくりに関わる人や場がまたそこから生まれていく。
あたかも町全体が大きな醸造所のようになって、
さらなる美味しいビール、新しい文化、確かな経済を創りだし、
あらたな農村の在り方までをも全国に提案していきたいと考えています。

“ホップの里”から“ビールの里”へ。

2016年、夏。
遠野は、つぎの50年を見据えて、力強く一歩を踏み出します。

Brewing Tono MEMBER

ビールを楽しむ。ホップの歴史を学ぶ。農家を支援する。周りの人に遠野について話してみる。ビールに関わる一つ一つのアクションが連鎖して醸造する町となっていく。

ビール作りの主役として、マイクロブルワリーで遠野産ホップや地元の素材を使ったクラフトビールをつくったり、ホップ農家と協力してビールに合うおつまみの開発などをしたりして遠野での豊かなビール体験を牽引していく。

遠野を拠点として、ホップという地域資源を活用した新しいビール産業・コミュニティの創出をめざし、プロジェクトメンバーと連携してブルワリーやビアツーリズムなどの事業シナリオの設計、起業家の育成、プロジェクト全体のコーディネートをしていく。

ホップ農家の新規就農支援や、醸造家など起業家候補へのローカルベンチャー制度を活用したサポートを実施。また、TKプロジェクトではKIRINと連携しビールを中心にしたまちづくりにチャレンジしている。

50年以上、遠野産ホップを契約栽培しており、「一番搾りとれたてホップ 生ビール」などの商品を通じて遠野産ホップを全国に発信。さらに遠野パドロンなどの農作物の販路開拓や遠野市のまちづくりをサポートしている。 KIRINと遠野市の取り組み

ビールの里に欠かせない遠野産ホップを育てながら、ビールに合う作物の栽培やホップの多品種化、また醸造家と連携したビールの開発など、生産者の視点でプロジェクトに関わり、新たなホップの歴史をつくっていく。

TK プロジェクト

遠野市とキリンビールが遠野産ホップや食材の価値を磨き、その魅力を全国に発信するために始めた取組みで、今では、“ビールの里”づくりに向けて動き出した遠野市民による様々なプロジェクトをサポートしている。

(TKプロジェクト実行委員会:遠野市・キリンビール株式会社・遠野ホップ農業協同組合・一般社団法人遠野ふるさと公社・遠野パドロンプロジェクト)

遠野にとってホップとは

ホップについて

ビールづくりにとって大切な原材料となるホップは、苦味、香り、泡の決め手となり、保存性を高める効果もあります。
夏には最大10mにまでツルがぐんぐんと伸びます。収穫は8月下旬、リフトに乗ってツルごと鎌で刈り取られ、大事に摘みとった毬花は新鮮なまま乾燥・瞬間冷却され醸造所へと運ばれます。
近年は、生産者の高齢化と後継者不足により生産量の減少が課題。国産ホップは貴重で、国産ホップ100%のビールを飲める機会は限られています。

ホップのある風景

ホップの一大生産地である遠野ではグリーンカーテンがあちらこちらにでき、収穫の日にはホップの香りで町が包まれ、夏の風物詩になっています。遠野の小学生はみんなホップの収穫見学をし、高校生になるとホップで和紙をつくるなど、ホップはとても身近でかけがえのない存在です。
収穫量は全盛期の4分の1と減少していますが、これからもこの風景を守っていくために、国産ホップの新たな可能性を切り開いていきます。

運営会社
株式会社NextCommons
住所
〒028-0523 岩⼿県遠野市中央通り5-32
E-mail
info@nextcommonslab.jp
代表
林篤志