2016.11.09 22:00

徳島県上勝町のRISE&WIN BREWINGを視察してきました(袴田)

人口1700人の徳島県上勝町。

2015年6月、過疎化が進むこの町に先進的なブルワリーが誕生しました。

RISE&WIN BREWING CO.

「なぜ徳島県の過疎化が進む中山間地域にブルワリーを造ったのか?」

「そもそも人がやってくるのか?」

その疑問の答えを探るべく、徳島県上勝町を訪れました。

 

IMG_7247

 

上勝町は、葉っぱビジネスの町として一躍話題になった町です。

「一見”ゴミ”にしか思えない葉っぱを、見事な”資源”に変えてしまう」

この葉っぱビジネスを後押しした背景には、

2002年に町が行ったゼロ・ウェイスト宣言があったと考えられます。

未来の子どもたちにきれいな空気やおいしい水、豊かな大地を継承するため、
2020年までに上勝町のごみをゼロにすることを決意し、
上勝町ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)を宣言します。

1 地球を汚さない人づくりに努めます!
2 ごみの再利用・再資源化を進め、2020年までに
焼却・埋め立て処分をなくす最善の努力をします!
3 地球環境をよくするため世界中に多くの仲間をつくります!

上記の宣言のとおり、上勝町ではごみゼロ(埋立、焼却ごみ)
という目標達成に向け、町・地域住民が一体となって取り組みを行っています。
その最たるものが、”ごみステーション”と呼ばれるゴミの分別所です。

IMG_7278

 

驚いたことに上勝町にはごみ収集車がありません。

地域住民は各家庭で生じたごみを、

各々このごみステーションを持ってきて分別を行います。

その数なんと45分類!!

 

IMG_7262

IMG_7265 (1)

IMG_7264

 

具体的な数字を提示することによって、
分類へのモチベーションが上がりますね。

上勝町でのリサイクル率は驚異の80%!!
現在リサイクルできていないものが、ホッカイロと紙おむつのみ!
というんだから驚きです・・・。さらにゴミステーションの奥には、
くるくるショップと呼ばれる地域のリサイクルショップがあります。

 

IMG_7271

IMG_7266

 

くるくるショップでは、家庭で不要になったモノを
自由に持ち込むことができます。さらに自分が欲しいモノは
自由に持ち帰ることができます。ジモティのリアル版みたいなイメージですね。
このくるくるショップのアイディアは、地元の小学校の授業の中で生まれたそうです。

 

担当者の方のお話によると、このごみステーションの活動を通じて、
“リサイクルを頑張っていこう”から”そもそもごみが出ないものを
買おう”という方向に住民の意識が変化していったそうです。

 

このように上勝町にはリユース・リデュース・リサイクルの考えが
住民一人ひとりに根付いており、RISE&WIN BREWERYの建物に
もその考えがしっかりと反映されています。

 

image

IMG_2279

IMG_2236

 

外壁の木材、特徴的な高い窓、インテリアまで
全て上勝町の廃材で造られています。

上勝の歴史が刻み込まれたブルワリーレストランは、
木の温もりが感じられるとてもステキな空間でした。

 

image

 

写真のビールは上勝名産の柚香の皮を使ったホワイトエール。
地元の名産品を活かしたビール造りにも取り組まれています。

 

IMG_2299

 

人口1700人の町に突如現れた先進的でクールなブルワリー。

なぜ徳島の田舎町にこんなにもとんがったブルワリーを造ったのか・・・。

 

「まずは注目を集め、上勝に人を呼び込むことが大事。」

RISE&WIN BREWINGの田中社長はそうおっしゃていました。

現にブルワリーを始めてから、我々のような視察団や
観光客の方が数多く訪れてくれているとのこと。
町も少しずつ活気づき、移住者も増えているみたいです。

遠野でも活かせる部分はたくさんあったので、
参考にしなければいけないなと感じました。

今回の上勝の視察を通じて、遠野で造るブルワリーの
イメージがなんとなく湧いてきたような気がします。

RISE&WIN BREWINGの皆さん、田中社長、二日間ありがとうございました!!

(記:袴田)

運営会社
株式会社NextCommons
住所
〒028-0523 岩⼿県遠野市中央通り5-32
E-mail
info@nextcommonslab.jp
代表
林篤志