2017.05.07 23:09

高校生達によるホップ和紙体験イベントが開催!

先日遠野伝承園にて、ホップ和紙を使った体験イベントが行われました!

IMG_5042

IMG_5101

実はこのホップ和紙は、遠野緑峰高校の生徒さんが中心となって開発されたものなのです。ホップを収穫する際に大量に廃棄される蔓をなんとか有効活用できないかと考え、授業の一環として2009年からホップ和紙の研究がスタートしました。研究を進める中でホップの蔓には豊富な繊維質が含まれていることがわかったのですが、その繊維質を取り出すのはかなり困難な作業だったようです。それでも諦めることなく研究に取り組み、ついに2014年4月に100%ホップでできた和紙を作ることに成功しました。その後も研究開発は進み、今ではホップの卒業証書、名刺、ランプシェードなどを生産できるまでになったそうですた。また最近ではホップ農家や市民の有志が集まって「ホップ和紙を育てる会」が結成され、更なる盛り上がりを見せています。

今回のイベントではホップ和紙を育てる会のメンバーや遠野緑峰高校の生徒さん達が中心となって、様々なホップ和紙体験が行われていました。

IMG_5062

こちらはホップ和紙の紙漉き体験。高校生が一から丁寧に教えてくれました。

 

IMG_5098

IMG_5093

IMG_5034

続いてホップ和紙を使ったオリジナルのしおり作成。色鮮やかな押し花を自由にレイアウトすることができます。

 

IMG_5088

IMG_5081

18362281_10203455821074038_1871579936_o

そして最後はホップ和紙を使ったコースター作り。工程はかなり複雑だったのですが、高校生達が優しく教えてくれるので、とても楽しく体験することができました。

IMG_5037

どのブースも多くのお客様で賑わっており、ホップ和紙のポテンシャルの高さをひしひしと感じることができました。地元の高校生、ホップ農家、地域住民が一体となって、今後更なる商品開発や普及活動を行っていきたいですね。Brewing Tonoとしても、地元の高校生達の挑戦を全力で応援していきたいと思います!

18378971_10203455820994036_1128097664_o

(記:袴田)

運営会社
株式会社NextCommons
住所
〒028-0523 岩⼿県遠野市中央通り5-32
E-mail
info@nextcommonslab.jp
代表
林篤志