Hop Farmer Project

01 Hop Farmer Project

Hop Farmer Project

クラフトビールの味の決め手であり、ビールの魂ともいわれる、ホップ。
遠野は50年もの間、そんなホップを作り続けてきた、国内随一のホップ生産地です。 このプロジェクトでは、その半世紀の歴史に学びながら次の時代を切り開く新しいホップファーマーを育成していきます。
イメージする世界は「GROUND TO TABLE」。これまでのホップ栽培だけでなく、ホップの多品種栽培や世界ブランド化、ビールにあう作物の生産、そしてホップファーマー自身によるビールの醸造など、ビールにまつわるすべてを自分の手でつくりだし、まさにホップの里から“ビールの里”へと進化させていく主役になるような新しいホップファーマーのカタチをつくっていきます。
また、 パートナーにホップ生産者としてさまざまな挑戦を続けている遠野アサヒ農園の吉田敦史氏を迎え、協力し合いながら大きなイメージを実現していきます。 肥沃な大地がひろがる遠野で、日本のビールを変えるような壮大なチャレンジがはじまります!

VISION ビジョン

  • 遠野産ホップの世界ブランド化と多品種栽培
  • 遠野パドロンなどビールを囲む作物の栽培
  • 醸造するホップファーマーとして新しい働き方を確立
  • VISION
  • VISION

PARTNER

吉田 敦史

吉田 敦史

株式会社遠野アサヒ農園 代表取締役

株式会社遠野アサヒ農園代表取締役。東京で広告代理店に勤務していたが、2008年に奥様の実家がある遠野市に移住し、農業を継ぐ。消費者の顔が見えない仕事に違和感を感じ、都市部の飲店や販売店を自ら開拓。その中で出会った「パドロン」を遠野産ホップのビールと組み合わせ、地域を盛り上げるイベントをKIRIN浅井氏と共に開催。若者が農業に魅力を感じ、誇りを持って働ける地域の未来を目指す。

浅井 隆平

浅井 隆平

キリン株式会社 CSV本部 CSV推進部 絆づくり推進室

岩手県出身。2013年からキリン絆プロジェクトで復興支援や地域活性化を担当。着任後、「東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト」の1期生として参加。そこで遠野アサヒ農園吉田氏と出会い、官民一体となって地域を活性化させる仕組作りを実践。2015年に開催した遠野ホップ収穫祭では、遠野の資源であるホップを最大限活用したビアフェストを企画し、初開催を成功させる。本プロジェクトではビアツーリズム・収穫祭などのイベント開催サポート、東京での醸造家研修のバックアップをおこなう。

運営会社
株式会社NextCommons
住所
〒028-0523 岩⼿県遠野市中央通り5-32
E-mail
info@nextcommonslab.jp
代表
林篤志