ZUMONA Project

03 ZUMONA Project

ZUMONA Project

寛政元年(1789年)より長らく遠野の自然と澄み切った空気の中で酒造りを続けてきた上閉伊酒造は、今では遠野で唯一の酒蔵です。主要銘柄の「国華の薫」は、国酒にふさわしい酒造りを願う気持ちから名づけられたといわれており、現在もなお、南部杜氏の卓越した技能を活かし、丁寧な酒造りを続けております。また、平成11年から始まったビール製造においては、清酒の仕込みで培った技術と日本随一の生産量を誇る遠野産ホップの融合を核として、遠野麦酒(ZUMONA BEER)の醸造を行っています。「ZUMONA」という名前は、昔話の「むかしむかしあったずもな」の「ずもな」からきています。現在のラインアップは「ヴァイツェン」「ピルスナー」「アルト」。この遠野が誇る地ビールを「ビールの里」のクラフトビールへと進化させるべく、新たなブランドづくりへの挑戦が始まります。まずは2016年、KIRINの独自の技術を用いて収穫後に瞬間冷却したホップを使って醸造した「遠野の華」を期間限定販売します。遠野の新しいクラフトビールをどうぞお楽しみに!

VISION ビジョン

  • 新たな遠野産クラフトビールのブランドをつくる
  • 時代に合わせた地ビールからクラフトビールへの進化
  • クラフトビールを通じ、ビールの里としての遠野をブランド化

PARTNER

坪井大亮

坪井大亮

上閉伊酒造株式会社 ヘッドブルワー

遠野市出身。2007年、上閉伊酒造に入社。入社直後からビールの醸造担当となり、外部アドバイザーのもとビールの仕込みを重ね、一貫して上閉伊酒造の看板商品「ズモナビール」の醸造をしている。2015年からはKIRINとも連携し、遠野産ホップを活用した新しいクラフトビール「遠野の華」の醸造へチャレンジするなど、遠野の次世代ビール文化を担うプレーヤーの一人。

平野達郎

平野達郎

-trope. アートディレクター

1984年神奈川県生まれ。’06年ICS College of Arts卒業。’13年トロープ設立。ブランディングから広告、 Web、空間デザインなど幅広く活動。本プロジェクトでは、デザインアドバイザーとして関わっている。

運営会社
株式会社NextCommons
住所
〒028-0523 岩⼿県遠野市中央通り5-32
E-mail
info@nextcommonslab.jp
代表
林篤志